MENU

【編集部厳選】人形町駅 × 橋のおすすめスポット5選!

目次

清洲橋

清洲橋は、東京都中央区日本橋中洲にある橋で、重要文化財に指定されています。周辺には飲食店やショッピング、食料品店、スーパーなどがあり、観光客にも人気のスポットです。特に、二つの三角アーチが目を引く美しい橋であり、2020年の東京オリンピックの五輪カラーにも選ばれたことがあるそうです。

【公式サイト】http://shoplist.aeonsquare.net/shop/mblist.html
【住所】東京都中央区日本橋中洲7-1 月村マンション№33
【電話】03-5643-7272

両国橋

徳島県徳島市にある両国橋は、隅田川下流にかかる橋で、国道14号線を通す橋です。かつては現在の位置よりも南にありました。江戸時代に起きた大火をきっかけに建設され、武蔵国と下総国の境にあったため「両国橋」と名づけられました。現在は、中央区と墨田区を結ぶ交通の要所として、多くの人々が利用しています。口コミには、両国橋を渡るという体験や、歴史的な背景についての情報がありました。

【住所】徳島県徳島市両国橋

日本橋

東京都中央区にある日本橋は、日本橋川にかかる橋です。この橋は国の重要文化財に指定されており、情緒あふれる風景が広がっています。訪れる人々は浴衣を着て記念撮影を楽しんでいます。また、雑誌「おとなの週末」の2022年10月号でも紹介されたスポットです。日本橋には興味深いエピソードもあります。例えば、麒麟象の羽は実は鱗であり、日本橋の文字を書いたのは徳川慶喜であるといった情報もあります。さらに、上をよく見ると新たな発見があるかもしれません。日本橋は東京都中央区内を流れる日本橋川に架かる橋の一つで、水系は一級水系の荒川です。水源は神田川であり、隅田川と合流しています。日本橋は徳川家康が東京に移封し、江戸幕府が開幕した際に整備されたものです。徳川家康は全国の道路網(街道)整備計画の一環として、初代の橋(木造の太鼓橋)を架け、公儀橋としました。以降、日本橋周辺は経済・運輸・文化の中心地として発展し、堀の両側には河岸が点在していました。また、日本橋は東海道を含む五街道の起点でもあります。橋の中央には日本国道路元標が設置されています。

【住所】東京都中央区日本橋

一石橋

「一石橋」は、東京都中央区日本橋本石町にある橋で、東京都道405号外濠環状線の一部として、皇居外濠と日本橋川の分岐点に架かっています。2000年に竣工されたこの橋は、日本橋川に架かる橋の中でも最も低い位置にあります。江戸時代には、北橋詰の本両替町に幕府金座御用の後藤庄三郎、南橋詰の呉服町に御用呉服商の後藤縫殿助の屋敷があり、橋が破損した際には、これらの両後藤の援助により再建されました。そのため、後藤の読みから「五斗」、「五斗+五斗で一石」ともじった洒落から「一石橋」と名付けられました。親柱は首都高速都心環状線の開通に伴い撤去され、現在は上流側に親柱2本が残るのみです。

【住所】東京都中央区日本橋本石町1丁目1-2

一之橋

「一之橋」は、東京都墨田区内を流れる隅田川に架かる橋の一つです。江戸時代には、当地は低湿地であったため、本所の開発を計画しました。洪水の被害を最小限に抑えるため、排水路を碁盤目状に開削し、掘り出した土は陸地の補強、嵩上げに利用されました。1659年に堅川の開削と同時に架けられ、隅田川から入って一ツ目の橋という意で命名されました。堅川の両岸には多くの商家や土蔵などが立ち並び、多くの人で賑わったそうです。また、赤穂浪士が泉岳寺に引き揚げる際に最初に渡った橋とされています。

【住所】東京都墨田区千歳1丁目5-15 1F
【電話】03-5624-9388

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる