MENU

【編集部厳選】築地駅 × 史跡のおすすめスポット13選!

目次

霊岸島水位観測所

霊岸島水位観測所は、東京都中央区新川2丁目にある史跡です。この場所は、江戸時代には江戸湾の防波堤として利用され、現在は水位観測所としても使用されています。周辺には、歴史的な建物や美しい景色が広がっており、散策にも最適です。また、口コミによると、夜景がとても美しく、ロマンチックな雰囲気が漂うとのことです。

【住所】東京都中央区新川2丁目 霊岸島水位観測所

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」は、東京都港区東新橋にある博物館・科学館・史跡で、日本最初の鉄道路線の起点として開業した初代新橋駅の歴史を展示しています。0歳から大人まで楽しめ、子供向けの展示も充実しています。駅から近く、雨の日でもOKで、売店やレストランもあります。また、ベビーカーの利用や食事持ち込みも可能です。口コミでは、日本の鉄道の歴史に触れられる興味深いスポットとして評価されています。

【公式サイト】http://www.ejrcf.or.jp/shinbashi/index.html
【住所】東京都港区東新橋1丁目5-3
【電話】03-3572-1872

北村透谷・島崎藤村記念碑

東京都中央区にある泰明小学校内にある北村透谷と島崎藤村を記念する石碑があります。泰明小学校は1878年に開校し、北村透谷と島崎藤村は卒業生として知られています。北村透谷は文芸評論家・詩人として活躍し、自由主義を唱え、近代浪漫主義文学の開拓者としても知られています。島崎藤村は自然主義文学の先駆として知られ、代表作に「破戒」などがあります。泰明小学校内にある石碑は、彼らの功績を讃えるものであり、歴史的な価値があります。

【住所】東京都中央区銀座5丁目1-13

鍛治橋跡

「鍛治橋跡」は、かつて江戸城の外濠であった場所にある史跡です。1629年に築造され、門に附属する鍛冶橋は現在の丸の内二、三丁目と中央区の八重洲六丁目を結んでいました。江戸時代には御用絵師の狩野探幽の屋敷や大名屋敷が立ち並び、幕末には津山藩松平家、土佐藩山内家が上屋敷を設けていました。1873年に鍛冶橋門は桝形石垣を残して撤去され、1876年にはアーチ橋として再建されましたが、戦後には外堀が埋め立てられ、橋も姿を消しました。

【住所】東京都中央区八重洲2丁目4 都 道 405 号線 丁目

海軍発祥の地

「海軍発祥の地」とは、東京都中央区築地にある史跡で、築地中央卸市場内の水神社前に建つ「旗山」と刻まれた石碑がその象徴です。この石碑は、1872年に海軍本省がここに置かれた際に「海軍卿旗」を掲揚したことに由来しています。しかし、築地の豊洲移転に伴い、水神社も移転することになり、石碑の行方が気になるところです。海軍発祥の地は、日本海軍の歴史に興味がある方にとっては必見のスポットと言えます。

【住所】東京都中央区築地5丁目2

軍艦操練所跡

「軍艦操練所跡」は、東京都中央区築地にある史跡です。永井尚志や小栗上野介、そして勝海舟などが深く関わっていた場所であり、歴史的な価値が高いとされています。詳しい情報は口コミにはありませんでした。

【住所】東京都中央区築地6丁目20

京橋記念碑

「京橋記念碑」は、東京都中央区銀座にある展望台と史跡があるスポットです。かつては京橋川が流れ、中央通りに木造の公儀橋が架けられ、日本橋と並ぶ名橋でした。欄干の柱頭部には擬宝珠が飾られ、竹河岸が形成されました。1875年には石造りのアーチ橋に架け替えられ、銀座レンガ街が完成しました。現在は展望台からは銀座の街並みを一望でき、歴史的な建造物を見ることができます。

【住所】東京都中央区銀座1丁目2-4

京橋大根河岸青物市場跡の碑

「京橋大根河岸青物市場跡の碑」は、東京都中央区京橋にある史跡であり、ランドマークでもあります。かつては、京橋川の水運を利用して野菜の売り場が設置され、大根の入荷が多かったことから「京橋大根河岸市場」と呼ばれ、明治時代には「京橋青物食物河岸」として規模を拡大し、青物・菓物の他、魚類・乾物も扱っていました。大正時代には関東大震災により甚大な被害を受けましたが、卸問屋・仲買による組合の努力により問屋68軒、仲買105名に達しました。しかし、1935年に築地に東京卸売市場が開業し、それに伴って移転しました。現在は、その跡地に碑が建てられ、当時の歴史を伝えています。口コミには、当時の市場の歴史や規模についての情報が記載されています。

【公式サイト】https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/h28/281011/fre/index.html
【住所】東京都中央区京橋3丁目4

靴業発祥の地

「靴業発祥の地」は、東京都中央区入船にある史跡であり、ランドマークでもあります。ここは、西村勝三が伊勢勝・造靴場を創建した場所で、勝三は佐倉藩の開明進取の風土に育ち、時の兵部大輔、大村益次郎の勧めと、藩主堀田正倫並びに渋澤栄一の支援を得て靴工業を創成しました。靴業の歴史を感じられるスポットとして、多くの人々に親しまれています。

【住所】東京都中央区入船3丁目2

堀部安兵衛武庸の碑

「堀部安兵衛武庸の碑」は、東京都中央区八丁堀にある史跡です。江戸時代に活躍した武士で、赤穂浪士四十七士の一人である安兵衛の功績をたたえたものです。安兵衛は、越後国新発田藩溝口家家臣の中山弥次右衛門の長男として生まれ、天性の剣術の才を発揮し、堀内正春の道場で免許皆伝を取得しました。また、菅野六郎左衛門が高田馬場での果し合いの際、武庸は助太刀として相手方を斬ったことでも知られています。堀部安兵衛武庸の碑は、そのような安兵衛の生涯を紹介するものであり、歴史に興味のある方にはおすすめのスポットです。

【住所】東京都中央区八丁堀1丁目14-7

歌川広重住居跡

「歌川広重住居跡」は、江戸時代に活躍した浮世絵師・歌川広重の住居跡であり、東京都中央区京橋に位置しています。歌川広重は、幼少期より初代歌川豊国に入門を考えていたが、歌川豊広に入門し、「東海道五十三次」を発表するなど、多くの作品を手掛けました。1860年頃には、日本橋大鋸町(現在の京橋)に住居があり、その後常磐町に移転しました。風景を描いた木版画で人気を集め、西洋の画家にも影響を与えたとされています。現在は史跡として残されており、歴史に触れることができます。

【住所】東京都中央区京橋1丁目9

銀座の象徴 柳並木の碑

東京都中央区銀座にある「銀座の象徴 柳並木の碑」は、明治時代に植樹された銀座の柳が銀座の象徴となり、昭和時代には三度の変遷を経て姿を消してしまいました。しかし、西銀座通りが東京都のシンボルロードとして改修され、柳に代わって並木が復活したことを記念して建てられた史跡です。口コミによると、銀座の歴史を感じられるスポットとして人気があるようです。

【住所】東京都中央区銀座4丁目1

明治大学発祥の地

「明治大学発祥の地」は、東京都千代田区有楽町にある史跡であり、ランドマークでもあります。この場所は、1691年に深溝松平家の上屋敷が置かれ、明治時代には民権結社による演説会などが盛んに催されました。1881年には、法律家の岸本辰雄・宮城浩蔵・矢代操が屋敷の一部を借り受け、明治法律学校を開校しました。その後、1886年には神田区駿河台南甲賀町に移転しました。この場所には、1995年に「明治大学発祥の地」碑が建立されています。口コミによると、この場所は明治大学の歴史的な起源であり、多くの人々にとって重要な場所であるとされています。

【公式サイト】https://www.meiji.ac.jp/koho/meidaikouhou/201502/p05_02.html
【住所】東京都千代田区有楽町2丁目2

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる