MENU

【編集部厳選】月島駅 × 史跡のおすすめスポット4選!

目次

軍艦操練所跡

「軍艦操練所跡」は、東京都中央区築地にある史跡です。永井尚志や小栗上野介、そして勝海舟などが深く関わっていた場所であり、歴史的な価値が高いとされています。詳しい情報は口コミにはありませんでした。

【住所】東京都中央区築地6丁目20

門前仲町の火の見櫓

東京都江東区門前仲町にある火の見櫓は、江戸時代に火災の早期発見を目的に建設された史跡です。高さ約9mの櫓は、上部の早鐘で発生を知らせました。当初は富岡八幡宮の一の鳥居付近にありましたが、2002年に当地で復元されました。江戸時代の歴史を感じられるスポットとして、多くの人々に親しまれています。

【住所】東京都江東区門前仲町2丁目1

霊岸島水位観測所

霊岸島水位観測所は、東京都中央区新川2丁目にある史跡です。この場所は、江戸時代には江戸湾の防波堤として利用され、現在は水位観測所としても使用されています。周辺には、歴史的な建物や美しい景色が広がっており、散策にも最適です。また、口コミによると、夜景がとても美しく、ロマンチックな雰囲気が漂うとのことです。

【住所】東京都中央区新川2丁目 霊岸島水位観測所

靴業発祥の地

「靴業発祥の地」は、東京都中央区入船にある史跡であり、ランドマークでもあります。ここは、西村勝三が伊勢勝・造靴場を創建した場所で、勝三は佐倉藩の開明進取の風土に育ち、時の兵部大輔、大村益次郎の勧めと、藩主堀田正倫並びに渋澤栄一の支援を得て靴工業を創成しました。靴業の歴史を感じられるスポットとして、多くの人々に親しまれています。

【住所】東京都中央区入船3丁目2

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる